業務プロセスの視点とBI連携


業務プロセスの視点は活動の視点です。

 

この視点の戦略目標及びKPIとBIとの連携は最も多く、重要な部分です。

 

財務及び顧客とのBI連携で見つけ出した挽回策等のアクションをこの視点で実行する場合が多く出てきます。

 

・データウェアハウス

  連携

 

・ERP連携

 

・顧客分析のCRM

  連携

 

・営業マンの行動に関するSFA連携

 

・工場等の活動によるTPM連携または、6シグマ連携

 

・昨今重要な、内部統制との関連

 

・ISO活動との連携

 

・JQA経営品質賞連携

 

・方針管理及び目標管理連携

 

それぞれの管理手法は、経営マネージメントの一部ですから
それらがバランス・スコアカードに連携してくることは当然ですが
BIを活用することにより、より明確に良くなっている原因又、
悪くなっている原因を分析が出来、強化するポイントが見えて
来ます。

 

効果的なバランス・スコアカードの活動は、これらのBIとの連携が
無くてはならないものとなっています。

 

自らのマネージメントでどの様に連携させるかも計画時点で
決めておくことが必要です。

プリンタ出力用画面
友達に伝える