顧客の視点とBI連携


顧客の視点のKPIもBIから集める場合が多く有ります。

 

特にISO9000を実施されている場合は、品質システムと顧客の満足度は大きく関連しています。

 

顧客の視点の戦略目標で未達成の原因を調べる時にはデータウェアハウスを活用する場合があります。

 

・クレームの発生に

  関する調査分析
・品質に関するデータの分析
・商品に関する顧客の趣向に関する分析
・市場の動向に関する分析

 

日々のデータを蓄積してそのデータを分析できる様にしなければ
次へのアクションの手が打てません。その為にもデータ収集と
DWHによるデータ分析は欠かすことが出来ません。

 

大きな、動向をバランス・スコアカードで確認した後に、細部に渡って
調査し、アクションを決めていく手段としてのBI活用は今後も進め
より有効なアクションを設定し実行することが重要です。

 

顧客の視点の分析では、矢張り顧客のニーズ分析、市場の動向
分析を的確に行えることです。

プリンタ出力用画面
友達に伝える