財務の視点とBIの連携


財務の視点のKPIは、ERP若しくは管理会計からデータを持って来ます。

そして、そのKPIデータから、戦略の実行度合いが分かります。

 

その結果が思わしくない場合は、アクションを考える必要が有ります。

 

このアクションは、業務プロセスの視点の戦略目標及びKPIとも関連していると思います。

 

ここでBIの本領発揮です。思わしくない結果から次にどの様な手を打つべきか、データ分析等から見つけ出します。

 

BIの種類として
・ERPからのデータ分析で見つけ出す。
・管理会計から、分析値を洗い出して次の手を打つ。
・データウェアハウス(DWH)で切り口をいろいろと変えて分析を
 行います。

 切り口として
 ・商品
 ・地域
 ・買い手の年代・性別・職業
 ・売り手
 ・得意先

もっといろいろと考えて見ましょう。

プリンタ出力用画面
友達に伝える