戦略見直し会議の議事録


●戦略の見直し会議は定期的に実施しましょう。

 

BSCをスタートした年は、少なくとも四半期に1回は戦略を見直しましょう。

 

 それは、なぜかといいますと戦略目標が適切でない、KPIが不十分、目標の設定が甘い、アクションが実行されていない。要するに戦略がプアーだからです。

 

 BSCマネジメントで3年目に入れば戦略の見直しをどの時期に行えば良いかは、自ずと分かってきます。

 

 また、何を議論すれば良いかも分かってきます。継続することで
 すべてが分かってくるのです。それまで我慢して、頑張って取り組み
 ましょう。

  戦略の見直し会議では、戦略マップが主になります。そこに戦略の
 実行結果が現れているからです。それくらい戦略マップが信頼
 出来るものになる様、真剣に取り組むことが大切です。

●戦略見直し会議で行うべき事の事例を説明します。

  まず戦略の実行状況を報告します。
 前回の戦略見直し会議からの進捗と変化、活動不足と思惑違いを
 洗い出します。

●業務プロセスの視点の戦略目標・KPIに注目します・
 1、活動が出来たので成果が出た。
 2、活動が出来たのに成果が出なかった。
 3、活動出来ていないのに成果が出た。
 4、活動出来ていないから成果が出ない。
 2〜4については問題です。

●顧客の視点の戦略目標・KPIでシナリオ通りに進捗していない
 原因と結果
 1、セグメント顧客のニーズと満足度を満たす戦術即ち、価値提案
   は出来たか。
 2、セグメント顧客のニーズを捉える活動は出来たか。
 3、セグメント顧客のニーズの変化はないか。
 4、セグメント顧客は満足しているか。
 以上の話し合いをします。

●人材と変革の視点の戦略目標・KPIは予定通り進捗しているか
 1、業務プロセスの視点の戦略目標をドライブできた戦略目標は
   何か。即ち効果の出た戦略目標は何か。
 2、業務プロセスの視点の戦略目標をドライブできたなかった
   戦略目標は何か。即ち効果の出なかった戦略目標は何か。
 当然長期的な視野にたって判断すべき事も有ります。

●財務が未達成の原因が何処にあるのかを見極め、挽回する為の
 戦略を検討します。
 1、活動不足による未達成の場合の対応。
 2、セグメント顧客の齟齬による未達成の場合の対応。
 3、外的要因によるときの未達成の対応。

以上、戦略実行状況を報告し何をどうすべきかの議論に入ります。

●戦略見直し内容とアクション
 戦略の見直しは、自分の部門のみで行っても良いものと、全社
 又は他の部門に影響を及ぼす見直しとが発生します。

 影響を他に及ぼす場合は、全体会議で調整し、再度コミットを
 行います。

 ・戦略実行状況報告から問題と思われる課題を抽出し、その原因
  を究明し、対策を練ります。
  戦略の見直しを行い、戦略目標・KPI・アクションを修正、削除
  追加を行います。
  全体の視点を見直してシナリオを考えながら見直し検討を
  行います。

 ・戦略の修正で対応できる場合と新たな戦略を作成して対応する
  場合のいずれかを決断し、戦略マップを修正し、コミットし、実行
  します。

議事録の記入方法は、画面を参照下さい。

 

プリンタ出力用画面
友達に伝える