戦略策定会議の議事録


●年間スケジュールで実施する会議若しくはアクションの事例を設定しました。
 ここで設定した会議の事例を使うか、又はもっと別の会議の設定をされるかはあなたがお決め下さい。

 

今回はこの設定した事例でその記入方法等を説明します。

 

●まずは、戦略の策定会議のやり方と、議事録の記入例です。

 

●戦略の策定は、ワークショップを行いつづいて戦略を作る場合と、ワークショップは行わず戦略のみを作る場合とに分かれます。

 

 戦略策定のスタートは期初の2ヶ月前にスケジュールを決めます。

 ・ワークショップを行う場合
  初めて、戦略マップを作成し、戦略実行のマネジメントを実施する
  場合は、理解するために、「マイストラ」君の分析をワークショップ
  形式ですべて行います。これらのワークショップの真の目的は
    1、部下のベクトルを合わせる
    2、参画意識を持たせる
    3、戦略を理解させる
    4、責任感を持たせる
  以上の事を行う事です。

  初めてでない場合も、部門のメンバーに変更があったり、新人が
  配属されたり、また環境が大きく変わり、部下とのコミュニケーション
  をとり、再度ベクトルを合わせる必要が有る時には、ワークショップ
  を実施します。

 ・ワークショップを行わない場合
  現状分析等のワークショップは毎年行う必要はなく、何らかの
  変化があり、あなたが部門を掌握したい時に実施します。
  通常は、既に前回の戦略マップがあり、それを1年間実施した
  経験・ノウハウも蓄積されています。
  ですから、それを基本として、何処を修正・改善・強化すべきかを
  考えて戦略を作り直すことが必要です。
  ワークショップを行わない場合は、期初の1ヶ月前くらいから
  戦略マップの見直しを行えばいいでしょう。

●戦略の策定議事録の記述

 ・2ヶ月間の間で、どの分析をワークショップで行うのか決めます。
 ・戦略マップを完成させるスケジュールも決めます。

実行すれば、議事録を記入します。
議事録に記入する項目は

1、開催日        2009/02/10
2、会議のタイトル   戦略策定会議 部門ワークショップの実施
3、開始時間      15:00
4、会議時間       2時間の予定
5、会議の目的     セグメント顧客の選出、SWOT・クロス分析
6、会議の結果     終了後にその会議の結果を記入
7、会議の評価     その会議の自己評価を0〜15ポイント設定
8、議事録のタイトルを設定(会議の内容により自由に設定する)  
    ここでは          ・参加メンバー
                   ・議論内容
                   ・議論の結果 
                   以上を設定
9、設定した議論のタイトルの項目の内容を記述
  参加メンバー    リーダー 佐藤氏
              発表者  鈴木氏
              書記   高橋氏
              タイムキーパー 田中氏
              他         木村氏

  議論の内容     議論した内容を記述します。

  議論の結果     結果を記述します。

ページが一杯になった場合は、次頁ボタンをクリックし、新たな
議事録に記入します。 

プリンタ出力用画面
友達に伝える