5フォース分析


マイケル・ポーターの5フォース分析で
「供給業者の交渉力」
「買い手の交渉力」
「競争業者間の敵対関係」
という3つの内的要因と、
「新規参入業者の脅威」
「代替品の脅威」
の2つの要因から業界全体の魅力度と参入障壁を考えます。
次に、画面左上段にある「市場区分」「製品区分」を選択し、その区分の下段に表示された詳細を選択します。 選択された分野における5フォース分析を行い入力していきます。

この分析では単なる分析で終わらさずに、何をしなければならないかという気づきを起こさせそれを戦略として登録します。
「戦略目標候補作成」ボタンを押し、戦略目標名とそれが4つの視点の中のどれに当たるのかを選び登録します。これは戦略マップを作成する時に参照できるようになります。

プリンタ出力用画面
友達に伝える