視点テーマごとに戦略目標を分類する


考え出した視点ごとの戦略目標を分類します。

 

キャプラン教授は、視点ごとに検討する必要が有る戦略テーマを設定されています。

 

今回、SWOT&クロス分析で作り出した戦略目標をこの戦略テーマに分類します。

 

分類の結果、戦略目標が存在しない戦略テーマがある場合、再度検討をし直します。
組織によっては、必要としない戦略テーマもあります。

 

(財務の視点の戦略テーマ)
  1、安全性を求める
  2、成長性を求める
  3、企業価値を向上する
  4、生産性を向上する

 

(顧客の視点の戦略テーマ)
  1、顧客価値提案による顧客との関係強化を図る
  2、競合他社より卓越した業務による顧客への価値提案
  3、製品に於いてリーダーシップをとる
  4、顧客との密着戦略をとる

 

(業務プロアセスの視点の戦略テーマ)
  1、業務管理プロセスに秀でる
  2、顧客管理プロセスに秀でる
  3、新製品・新サービスの開発プロセスに秀でる
  4、法的・社会的プロセスに秀でる

 

(人材と変革の視点の戦略テーマ)
  1、人的資本の向上(スキルの向上)
  2、組織資本の向上(よき会社風土を作る)
  3、情報資本の向上(ITインフラ整備と活用)

 

 

以上の視点別戦略テーマが設定された戦略目標はどれに
該当するか。ABC高級食器製造卸売業の例で見てみます。

 

 ●財務の視点の戦略目標
  −戦略テーマ:収益性を拡大する
   ・安定した顧客からの利益の確保
   ・商品の魅力を提案し利益確保に注力する
  −戦略テーマ:成長性を求める
   ・高い技術力で売上の拡大

 

 ●顧客の視点の戦略目標
  −戦略テーマ:顧客価値提案で顧客との関係強化を図る
   ・日本の特徴を海外に紹介していく
  −戦略テーマ:競合他社より卓越した業務で顧客への
         価値提案
   ・新たな食文化を切り開く
   ・低価格新製品の提供
  −戦略テーマ:製品に於いてリーダーシップをとる
   ・ブランドイメージを定着させる
   ・ブランド力アップのための広報強化
   ・魅力ある低価格商品の創造
  −戦略テーマ:顧客との密着戦略をとる
   ・BRICsでのディーラーを獲得する
   ・ネットワーク活用により顧客の囲い込みを強化する
   ・小さな幸せの追求を提案

 

 ●業務プロセスの視点の戦略目標
  −戦略テーマ:業務管理プロセスに秀でる
   ・新工場の稼働率を早急にアップする
   ・マニュアルを整備し技術の蓄積を計る
   ・コミュニケーションを強化する
   ・スキルの移管プログラムの実施
   ・製造における効率化を更に推進する
   ・ホームページを工夫してアクセス数を増やす
  −戦略テーマ:顧客管理プロセスに秀でる
   ・BRICsへの営業活動を強化する
   ・日本風商品を生かし国内需要を喚起する
  −戦略テーマ:新製品・サービスの開発プロセスに秀でる
   ・魅力ある商品を開発する
  −戦略テーマ:法的・社会的プロセスに秀でる
   ・グリーン調達率のアップ

 

 ●人材と変革の視点の戦略目標
  −戦略テーマ:人的資本の向上(スキルの向上)
   ・デザイナーの育成
  −戦略テーマ:組織資本の向上(よき会社風土を作る)
   ・若手からの提案を積極的に取り上げる
   ・リーダーを育成する(若手の抜擢)
   ・戦略を明確にし、リーダーシップの強化
  −戦略テーマ:情報資本の向上(インフラ整備と活用)
   ・BRICs市場の調査と方針の徹底

 

作成した戦略目標を戦略テーマごとに分類することにより、戦略の漏れが無いかの確認を行う。

 

・今の商品がいつまで続くか分かりませんよ、新製品・サービスの戦略目標は入っていますか

 

・現在、社会的責任(CSR)が重要に成ってきています。まかり間違えば企業の存亡にかかわります。法的・社会的に行うべき事が戦略目標としてセットしていますか。

 

いろいろと、考えを巡らしましょう。

プリンタ出力用画面
友達に伝える