戦略の策定 ビジョンの設定

戦略の策定 

”さあ現状分析から始め戦略を作成しましょう。”

 

ビジョンの設定


戦略策定−1(ビジョンの設定)
戦略策定の目的は、戦略マップを作成し、その中にビジョンを達成するためのシナリオを組み込むことです。

 

戦略の種類として
・ 営利企業の戦略
・ 官公庁の戦略
・ 病院の戦略
・ NPOの戦略 

 

戦略実行ユニット SBUとして
・ 全対の戦略
・ 部門の戦略
・ 個人の戦略
・ 自分のライフプランの戦略
等、全ての戦略策定に通じるものです。

 

いよいよ戦略の策定に入ります。

 

これから戦略を作り上げていく中で起こってくることは、「選択と集中」です。

 

全方位に戦略を打つことは出来ません。それはあなたの組織のリソースに限界があるからです。

 

もし、あなた個人の戦略を作成する場合もあなた自身で出来る事には限界があるからです。

 

 まずあなたのビジョンを作成します。全社の戦略を作る場合は、もう既にビジョンがあると思います。戦略はそのビジョンを達成する為の手法です。リーダーには、ビジョンと実行力、説明責任が必要とされています。まずそのビジョン(=あなたのビジョン)を作成します。

 

ビジョンは何年後のビジョンかを明らかにし、方向性と目標値を設定しましょう。

 

上位組織のビジョンがある場合はそのビジョンを達成するためにあなたが達成しなければならないビジョンを設定します。

 

そのビジョンは、バランススコアカードに沿って視点別に設定してみましょう。

 

・財務の視点のビジョン
・顧客の視点のビジョン
・業務プロセスの視点のビジョン
・人材と変革の視点のビジョン





サイト名: マネージメント・テクノロジー   http://mgtec.jp
この記事のURL:   http://mgtec.jp/modules/tinyd3/index.php?id=1