財務の視点の戦略目標の設定


● いよいよ戦略目標を設定し、戦略マップを作成します。

 

まず財務の視点からスタートします。財務の視点は設定したビジョンから戦略目標を作成します。

 

財務の視点には、財務の視点の視点内テーマが有ります。そのテーマに沿って戦略目標を設定します。

 

しかも直接部門と間接部門ではそのテーマが異なります。

 

●直接部門の視点内テーマ

 

1、安定性を求める  (戦略目標例: 利益を確保する、財務安全性を確保する、収益性を分析する、ロイヤリティ収支を向上する。
2、成長性を求める  (戦略目標例: 売上を拡大する、シェアを拡大する、財務的成長性を高る、プロジェクトの業績が向上する)
3、企業価値を向上する (戦略目標例: 株主価値を向上する、キャッシュフロー向上が実現する、経済付加価値の向上、市場付加価値の向上)
 4、生産性を向上する  (戦略目標例: コストを低減する、資産活用を促進する、販売管理費の効率的な支出を行う、労働分配率を向上する)

 

 ●間接部門の視点内テーマ

 

1、直接的財務の視点の戦略目標 
  生産性を向上する為の戦略目標を設定します。 
  (戦略目標例: コストを削減する、業務効率化を促進する、プロジェクトの生産性を向上する、   予算コストを低減する)
2、間接的財務の視点の戦略目標
  内部顧客の財務の視点の戦略目標を設定します。セグメント顧客である直接部門の財務の視点の成果に貢献するような価値提案が出来ているかを測るために、間接的な方法として、直接部門の財務の視点の結果を戦略目標として設定します。これにより部門間の相乗効果が見込めるようにします。  
 (戦略目標例: セグメント内部顧客の売上の拡大、内部顧客の利益の確保、内部顧客の受注額の拡大、内部顧客の生産性の向上)

プリンタ出力用画面
友達に伝える