KPIの適正を自己評価


KPIの適正チェック

 

設定したKPIが最良のものとは言えない場合が多々あります。それは、財務の視点のKPI以外は、今まで測定したことが無かったKPIである場合が多いからです。

 

「もっと良いKPIは有るんだが、現時点ではここまでしか測れないのでこのKPIを設定した。」というように、KPIの設定で、全て最良のKPIからスタートすることは困難です。

 

キャプラン教授は、70%の出来でスタートし、KPIの見直しを継続して、より良いKPIを見つけ出すようにアドバイスされています。

 

そこで、設定したKPIの適正チェックを行い、自己評価で点数を付けておきましょう。

 

●KPI設定時に考慮すべき、5つの適正項目
1、具体性 客観性に富み理解しやすく、アクションがとり易いKPIですか。
2、可測性 定量化でき測定可能で、立証できるKPIですか。
3、到達性 組織の能力に適合し、達成可能なKPIですか。
4、納得性 戦略目標の測定方法として、納得のいくKPIですか。
5、適時性 測定期間が月次単位で効果が見込めるKPIですか。

 

全KPIについて、それぞれの項目ごとに、KPI適正度合いポイントを設定し、合計点でKPIの適正度を自己評価しておきましょう。
     (適正度合いポイント)
     5:最高、4:優る、3:普通、2:劣る、1:最小、0:不適合

 

工夫をされた、より戦略目標と密接な関係があるKPIの選定が、あなたの戦略の重要なノウハウに成っていきます。

プリンタ出力用画面
友達に伝える