内部顧客と外部顧客



 

 戦略マップは、戦略ユニットごとに作成します。

 

そこには、直接部門及び間接部門が存在しますが、全てのユニットで四つの視点即ち、財務の視点、顧客の視点、業務プロセスの視点、人材と変革の視点で戦略を策定します。

 

そのときに重要になるのが顧客の視点です。総務部、経理部、人事部、管理部等の間接部門の方々に、「あなたの顧客は誰ですか?」と問いかけます。

 

間接部門の多くの方々は自分の顧客は誰かということをあまり意識したり、考えたりした事はなかった様に思われます。

 

間接部門の顧客には、外部の顧客以外に内部顧客、即ち営業部門、製造部門、管理職、従業員、役員等がセグメント顧客になります。

 

これらのセグメント顧客に対して、戦略を作成し、実行していきます。

プリンタ出力用画面
友達に伝える