財務の視点



  企業を存続させ、成長して行くためには不可欠な視点です。

 

ビジョンを達成するのに必要な戦略目標は何かを決め設定します。

 

(1) 直接部門では財務の視点が最重要な視点となるでしょう。

 

(2) 間接部門では、直接的に成果を求める財務の視点と、間接的な成果をあげることを求める間接的財務の視点とが有ります。

 

* 直接的な財務の視点の戦略目標として効率化及び改善を求めた生産性の向上、コストの削減等が設定されます。

 

* 間接的な財務の視点の戦略目標として、あなたのセグメント顧客である内部顧客(セグメント顧客、内部顧客については顧客の視点で説明します。)の財務の視点の達成如何があなたの組織の価値提案サポートの実行度合に依存するところが大きいのです。

 

そのため、あなたの財務視点の戦略目標にはサポートしている部門の財務の戦略目標が達成されているかということが確認できる戦略目標を設定する必要があります。

 

(財務の視点の戦略目標例)

 

・売上を拡大する  ・成長性を高める  ・収益性を向上する
・利益を確保する  ・経常利益の向上 ・キャッシュフロー向上の実現
・ロイヤリティ収支を向上する ・プロジェクトの業績を向上する
・ローコストオペレーションの実現 ・企業価値を拡大する
・株主価値を向上する ・労働生産性を向上させる ・コストを低減する
・製造コストを低減する ・労働分配率を向上させる 等

プリンタ出力用画面
友達に伝える