BSCの構造


バランススコアカードの構造は、まず四つの視点を設定します。

 

基本は、上から

財務の視点、

顧客の視点、

業務プロセスの視点(内部プロセスの視点)、

人材と変革の視点(学習と成長の視点)の順に設定します。

 

 無形資産の人材と変革の視点に投資することにより、業務プロセスの視点が改善され、顧客の視点に伝わり、最終的に財務の視点の有形資産に変わっていきます。

 

これが基本ですが、視点の順の変更、また環境の視点、社会的責任の視点など、新たな視点を追加し実践されている企業もあります。

 

バランススコアカード(BSC))を作成する組織は、企業全体の全社のBSCであったり、事業部の戦略マップ、部門、グループまた個人のBSCであったりしますが、全てのBSCは基本の四つの視点が有ります。しかし、どの視点が最も重要であるかは組織の活動内容によって異なります。

 

一般企業では、財務の視点の利益、売上向上に向けたBSCを作り、活動を行います。官公庁では、住民、市民の視点が重要になり、病院では、患者の視点が重要な視点となります。

 

また、間接部門のBSCでは、業務プロセスまたは人材が重要な視点となる場合も有ります。

 

 視点を設定すれば、その視点の中で何に秀でなければならないか、何を良くしなければならないかを設定します。それを戦略目標といいます。

 

全視点の戦略目標を設定すれば、その戦略目標間の因果関係線を引き、成功する為の戦略マップのシナリオを作り上げます。

 

シナリオを作るのはその戦略マップのオーナーであり、しばしばその戦略マップはオーナーの名前で呼ばれることが有ります。

 

戦略マップの作り方は、論理的に説明できる必要があります。この点については後に詳しく述べます。

 

戦略マップは、確実に戦略を実行するためのマップです。ビジョンを立て、それを確実に実行するために、目標を可視化し明確にさせて実行をより確実にするのです。

 

戦略目標を設定すれば、その戦略目標を測定する業績評価指標(KPI)を決めます。KPIについても必要な用件は追って説明します。

 

KPIが決まれば目標値を設定します。

 

戦略目標を設定するKPIの目標を達成し、戦略目標が予定通りに良くなるようにアクションを設定し、実行します。

 

バランススコアカードでは、戦略の実行結果を可視化し、その達成度合いを信号色、赤・黄色・緑で表します。

 

戦略目標が全て緑色になると予定通りの戦略実行状況と判断できるのです。

 

キャプラン教授の著書では、
視点 (Perspective)

戦略目標 (Objective)

業績評価指標 (Measure or Key Performance Indicator)

アクション (Initiative or action)

 

と解説されており、重要成功要因(Critical success Factor)という言葉はBSCフレームワークには含まれていませんので、戦略目標と同種の意味と判断しています。

プリンタ出力用画面
友達に伝える