戦略策定 バランス・スコアカード

戦略策定

ワークショップの準備



(1)役割の設定

 

あなたの部門でワークショップを行う時には、準備をします。

まずメンバーを決めます。

 

ワークショップを行う人数は1グループ5名が限度です。

 

5名を超える場合は、2グループでワークショップを行います。

 

そして、ワークショップを行うのは、何もかも知っている、あなたではありません。あなたはオブザーバーなのです。

 

まず役割を設定します。

 

1、リーダーの設定
  この設定されたリーダーが中心になってワークショップを行い
  戦略マップを作ります。
  これは、あなたがNo.2若しくはNo.3として育てようとしている
  人を設定します。
  ワークショップを行う前に、グループを戦略を考えるグループに
  するための重要な役割と、そして実際に戦略を実行していく時の
  中心人物としての期待を話し、やる気を起す様に仕向けます。

 

2、ワークショップの成果発表者その1
  ワークショップでの成果及びその成果を導くまでに行った議論
  の経過等を説明する役目を負って頂きます。

 

3、ワークショップの成果発表者その2
  1グループが5名の時は、発表者を2名にします。

 

4、書記、若しくはPCにての操作で記録を担当する人
  「マイストラ」があればその入力者を決めます。

 

5、タイムキーパー
  限られた時間内での議論になるのでその時間配分を担当し
  リーダーのサポートをします。

 

以上、参加者全員に役目を設定します。

 

2グループ以上になった場合は、それぞれ同じ内容のワークショップ
を行い、それぞれが発表することにより、どちらの成果が優れて
いるかを競わせます。

 

以上のように、全員が参加していると言う意識を持たせ、全員に
考えさせ、自分の意見を言わせるようにします。

プリンタ出力用画面
友達に伝える