MGTEC : BSC経営 顧客先と作り上げる新ツール「戦略参謀」
投稿者: simo 投稿日時: 2010-11-1 22:11:19 (3814 ヒット)


「経営戦略を立案&管理
今後の企業経営に不安を感じる経営者に対し、税理士としては最善のアドバイスを提供したいところだ。こうした中、収益を確保して"継続的に勝てる仕組み”を顧問先と一緒に作り上げるツールが開発された。戦略立案からマネジメントまでの仕組みまでを体系的に学ぶ研修もセットと成っており、早くも申し込みが相次いでいる。
−−−税理士新聞より
経営戦略塾(東京)開催要項と申込書PDF

会計事務所が顧問先の経営戦略の策定及び実行を支援し、収益を確保してもらうための新しいツールが誕生した。蝪贈咤歎弍帖弊朕校圈代表取締役=若山恵佐雄税理士)とマネージメント・テクノロジーが開発した「戦略参謀」システムだ。「MAS監査によって有効な経営支援業務を展開してきたが、収益確保の仕組みを作るところで悩んでいた。そこで、バランス・スコアカードの考え方をベースにシステムを構築した。
 「戦略参謀」では、企業の現状分析から事業活動の範囲や領域を絞り込み、環境分析で顧客層を特定するといった過程を経て、"実現可能性の高い戦略"を立案。これを基に戦略実行管理や戦略評価などを行って行く。「現状分析と仮説の設定、仮説の検証を繰り返すことで。計画と実績の乖離を埋めることが出来る。
 一度導入すれば、ほかのパソコンに台数無制限でコピーできる点も大きな特徴だ。これにより、事務所内の担当者毎に利用できるほか、顧問先のパソコンにコピーすれば、顧問先自信が進捗管理などが出来るようになる。
 なお、同システムは現在、"ツールのみ"の提供は行っていない。というのも、「戦略参謀を使いこなしてもらうためには、戦略立案からマネジメントの仕組みまでを体系的に理解し、顧問先に経営の本質を伝えるノウハウを身につけて頂くことが必要」といった考えが有る為だ。そこで、全4日間の研修「経営戦略塾」の受講がシステム利用条件に成っている。

印刷用ページ このニュースを友達に送る
ログイン
ログイン名:

パスワード:


パスワード紛失

}CXgE_E[h